↑口癖は「今日は大丈夫、絶対吐かない。」


by 0214062
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そんな君

「私のどこが好きなの?」って君は言った。
僕は少しだけ悩んだ振りをして、よくわかんないって言った。でも、ほんとはいつでも、何時間でも、いくらだって言えるんだぜ。
「もーっ。」って君が言った。そんな君。僕は、そんな君をいつまでも愛し続けられると思った。そして、ちょっと照れながらこう言ったんだ。

「じゃ今日はこのコスでお願いします。」


愛の歌
前奏
らーらーらーらーらーめんどりかむずかしいたけだしんげんがついた♪
(セリフ)
もしもこの世にー、僕と君と森光子しかいなかったらー僕はギリで君を選ぶよーもしもこの世にー、君を踏むと両手がちょうど乙葉の乳を揉める位置にくる装置があったらー僕は君にごめんねっていうだろうぉー ※一オクターブ上がる(株価のように)
(サビ)
ああー乙葉!バカなとこが好きー 
※一呼吸停める(東証のように)



一応社会派ブログですからね。
b0026168_10287.jpg

故・森光子
[PR]
by 0214062 | 2006-01-24 00:55

でら

「べっぴんって言葉がすきなの。」
彼女は初デートでそう言った。僕はどうして?というかわりに僕の下半身を愛撫して下さい、と今の自分の気持ちを正確に相手に伝えた。一方満子(みつこと読みます)はその時、ドッペルゲンガーに果敢なインファイトを仕掛けていた。満子の、即KOクラスの破壊力を持ったフックに戦慄するドッペルゲンガー。(「あんなのもらったら顔ごともっていかれちまうぜ、、、。」《はじめの一歩》より)固唾を呑んで見守る黒人代表Mr.KKK、MSNトゥデイ以外の話題を持たない黒柳徹子。学校に通いながらも工場でのバイトで少しでも家計を助けようと頑張る健気な黒柳徹子。
こういった色々なトットちゃんがアジア諸国において徐々に失われつつあることについての議論が今回のG7会議において大きな焦点となるでしょう。
[PR]
by 0214062 | 2006-01-15 03:42

床に就くと色々と考え事をする。明日米を買おう、電気代を払おう、あいつに電話しなくては、いや忘れそうだ、今の内にマジック・ペンで手の甲に書いて置こう。非常に些細な事柄達。また必ずしも心配事とは限らない。明日の試合のシミュレーション、勝利者、または敗北者になった自分を思い描くのも悪い事ではないだろう。理想的な自分の将来像について考えるのは睡眠が明日への移行、すなわち未来を連想させるからだろう。では恋しい女性のことを考える事が多いのはなぜか。不思議と気恥ずかしさがなくなるのは物が見えない安心からであろうか。等等、このような有象無象の事象について考えていると果たして眠れない。しかし眠れない要因を全て心的なものと断定するのは大きな間違いである。私の経験からいっても知らず知らずにおしっこを我慢していたという場合が多々ございますよ。これはあらゆる季節に起こりうるので、気をつけられた方が良い。しかし冬は床を離れる事自体が大きなマイナスになってしまうから大いに気力を振り絞らねばならない。第一寒い。第二に布団のぬくもりが失われる。(これはあくまで一人で寝ている事を想定して書いているので、同じ布団にもう一人いる幸せ者はああそうですか大変良うございましたね。)第三に眠気。これら未曾有の障害を乗り越えた勇者にまたしても大いなる災厄が降りかかる。暗闇は非情にも彼のすねをしたたかにぶつけるだろう。あまりの激痛に思わず声を上げながらも、なんとかトイレにたどり着き、電灯に目を焼かれながら用を足す。帰り道、暗闇はその深さを増しているが、そこはさすがに慎重になっている。床に入る。果たして冷たい。防寒対策に頭から布団をかぶり、もはや非生存可能地域となった足元から脚を撤退させ、ヒザを九の字にまげる。この、ようやく眠れるという安堵&用を足した後の開放感が再び悲劇を招く。屁である。この体勢は非常に屁をこき易い。あわてて顔を出し、脚を伸ばして布団をバタバタとするが、無味有臭の悪魔は獲物を逃しはしない。薄れゆく意識の中、僕は君の名を小さくつぶやいた、、、。
なんていう情景を想像しては眠れないのです。
[PR]
by 0214062 | 2006-01-10 01:41
はい、というわけでパソコンをつけた途端にその類の動画を落とし始めてしまう毎日から抜け出して僕ヒロシはアジア一の引ったくりと評判のパトムチャイさん(42)に弟子入りをしたのです。しかし僕のベトナム・イングリッシュ(ベトナム戦争時期に生まれた僕の叔父さんがよく使う敬語)が全然通じないものですから僕が癇癪を起こしてもう三日も口を利いてません、ふん、なにさあんな奴、あれ、なんだろうこれ?
乙女チックに僕がそれ(鳥インフルエンザで死んだ鳥)を拾い上げると羽の付け根に何か書いてありました。
《ご め な さ い あ い し て う》
ああパトムチャイ、僕のために日本語まで!ぼ、僕も、愛してる!
こうしてまんまと僕は彼にハートをひったくられたのでした。

暴れ竜虎ヒロシ武勇漂流伝 完

全然関係ないんですが地元である大牟田市の過疎化がすごいらしいんです。
団地は次々と廃墟に変わり商店街は日曜の夕方でも全部シャッター下りてるんだって、民営化のせいだね。
[PR]
by 0214062 | 2006-01-07 01:31